与謝野町にある無認可保育園「こどもの森保育園」です。自然の中での遊びを通して、健康でしなやかな体と、豊かな感性が育っていきます。

7月7日 学習会レポート③ こんな時、どうしたらいい?

事前アンケートで寄せられた、保護者の「こんな時、どうしたらいい?」について、保育者、参加者が意見を出し合いました。

 

<1>習い事や通信教育・・・「やりたい!」という子どもの意見をどこまで尊重するべき?

    やりたい気持ちを大切にしたいけれど・・・

 

08.jpg

   

  09.jpg

参加者の意見

  • うちの家では、送られてくるDMをこどもチャレンジだと思い込ませています。
  • サンプル見てるこどもを見てたらわかる。すぐに飽きる。宣伝・DMに踊らされている。
  • サンプルで十分に事は足りる。
  • させたくないのであれば、それ以外の遊びにうまく導入して、気をまぎらわせてしまえば?

 

保育者の意見

  • 年齢によっては、着替えのときに「どっちのズボンがいい?]などと、子どもに選択させるとスムーズにいく場合も。
  • 大人がどこまで与え、どこから我慢させるのか判断しなければいけない。
  • 習い事は、「やりたい」と言っても小学3年生くらいまでは我慢させる方がいい。3年生くらいになって、その時まで『やりたい』が継続しているのであれば、始めてみては。子どもに主体性を持たせ始めれば長く続ことが多い。

 

10.jpg

    ⇒親の主体性はどこにある?

 子育てをしながら何を子どもに伝えたい?

『躾は親の役割』・・・親が子に、しなければいけない事を指し示していくことが大事。

 

11.jpg

 

  • 『躾』は親が子どもの身につくように教えていく事が大切な時期がある。
  • 出たものは残さず食べるのが当たり前の食事環境を作る。
  • 『21時なったら布団に入る』と言う約束を通す。ブレない。

 

※子どもに選ばせれば、嫌なことを進んでする訳がない。嫌いな物は食べない。眠たくなければ寝ない。「食べてくれないんです」「寝てくれないんです」と言う前に、親である私たちが子どもにしなければいけないことを指し示しているか、まずここから見直してみては。

 

資料:「躾は親の役割」という自覚   カウンセラー:永田由紀

 

---------------------------------------

<2>おやつをねだられる。欲しいと店内でジタバタされる。

 

 

12.jpg

 

 

参加者の意見

  • どんなにジタバタしても買わない。その場に放置。諦めるまで。
  • 小さい子どもを抱えながら、買い物に行きねだられるとあっちもこっちもで気力が持たない。買ってあげたほうが楽だからという気持ちは共感できる。
  • 買い物に連れて行かないようにしている。
  • お菓子のイメージを悪くする。「歯が溶けるよ」「お腹いたくなるよ」「お母さんはそれが嫌い」と言ってなんとかお菓子が悪いモノだと思い込ます。
  • 財布を持たせて買い物に行く。財布にお金(小銭)を入れこども自身に買い物を してもらう。兄弟で出し合ったり考えながら買いたいモノをを自分で考え買い物するし、我慢できるようになった。ようになってきた。財布を渡さないときは買えないと理解できるようになった。
  • 「日曜日だけはいい」とかわかりやすい定義づけをしている。
  • 買い物は週に一回にしている。その時だけ買い与えている。
  • ルール作りを親子のコミュ二メーションに利用する。

 

(高価なものを欲しがった時は・・・)

  • 欲しい物を買うために労働(手伝い)をしてもらっている。手伝い1回でシール1個20個貯まったら人形を買ってあげる。見通しをつけ目標を明確にしている。
  • すぐに買い与えるのではなく、我慢や見通しをつけワクワクさせてあげる。
  • 長い間欲しがっていたキャラクターが変わっていることがある。キャラクターが変わって残念がるのも子どもにとっては勉強になる。
  • 誕生日プレゼントで欲しいものがあったが、近日中に漢字検定があるのでそれに合格したら買ってあげると約束している。
  • 高いから、それを買うとご飯が食べれなくなるよと説明した事がある。

 

保育者の意見

  • 最初にダメと言っておいて、おねだりに負けて買ってしまうのが一番いけない。
  • ある親子の話し。子どもが欲しいと言うものをその親はずっと与えていた。子どもが高校生になりバイクが欲しいと言われ同じ様にバイクを買い与えた。直後、子どもは交通事故に遭い亡くなってしまった。極端な例だが、与えるモノを親が見極め必要に応じ是非を判断しないと命を落としてしまうこともあることを痛感した。
  • 触れ合う時間がないとか大人が気にするが、こどもはそんなに気にしていない。
  • 自分の親の事情を自分なりに把握し、親と一緒にいる。気にする事はなですよ。

 

---------------------------------------

<3>昼寝をしない(1歳児)

14.jpg

参加者の意見

  • 自分が寝たいから意地でも昼寝させる。
  • 17時以降になるのであれば、早めに夕食を済ませ就寝準備をして寝かせてしまったほうがいい。
  • 兄弟それぞれ、で難しい事もあるが、出来るか限りリズムを崩さないようにさせている。
  • 入眠儀式・・・タオルで包み、トントン。お尻をなでる。

 

保育者の意見(寝かしつけ方のアドバイス)

  • ソリが強い子は抱きかかえ丸めて固定する。ギュッと固定しソレないようにする。
  • 力が抜けるようにマッサージする。関節を揺らす。体を上から下へなでて上げる。
  • 前頭葉付近(デコあたり)をマッサージすると寝る。
  • 手のひら、足の裏をマッサージしてあげる。

 

養護教諭・Yさんより ~またまたプチ講座~

「よりよい睡眠をとるために注目したいのが【セロトニン】の働きです。

 そして大切なのは、早寝・早起き、朝ごはんのリズムです。」

 

【セロトニン】・・・幸せの物質と言われる脳内の神経伝達物質

      ➜働き ①やる気up ②背筋(筋肉)がシャンとする ③明るい気持ちになる

           ④イライラしない ⑤穏やかな気持ちに ⑥笑顔、生き生きした表情

      ➜活性化する方法=リズミカルな運動

           朝ごはんをよく噛む・散歩・複式呼吸・リズム運動etc

 ☆セロトニンはメラトニンという睡眠ホルモンの材料にもなる。

 

●メラトニンをたくさん出して、いい睡眠をとるには?

 理想的な一日の流れの例

15.jpg

資料:①早寝早起き・朝ごはんのリズムが大切な理由

    ②昼のセロトニンと夜のメラトニンを高める8ヶ条

 

 

<<その②  ☆  その④>>